旅行・おでかけ

信州・蓼科グランドホテル【滝の湯】子連れ旅行に最適・人気ビュッフェ・渓流露天風呂

前回の記事で、長野県蓼科高原エリアへ子連れドライブ旅行に行った話を書きました。

幼い子供を連れて宿泊施設を利用する場合、

  • お風呂は親と一緒に入ることができるか
  • 食事は小さな子供も食べられるものがあるか
  • 子供が飽きずに楽しめるか

などが気になるところ。

うちで泊ったのは、「蓼科グランドホテル【滝の湯】」(以降、滝の湯)です。このホテルは、上に書いた気になることをほぼクリアした、子供連れでも利用しやすい宿泊施設だとおもいます。

どんなところがよかったのか、主に印象に残ったポイントを3つ書いておきます。これから子供連れ(乳幼児~)で蓼科高原方面に旅行する場合、宿泊施設の候補として参考にしてみてください。

本記事の内容は、2022年6月時点での内容です。館内施設、利用料金、サービス内容などは、将来変更となる可能性があります。

 

子連れ旅は荷物が多くなりがち。交通の利便性を考え、可能なら車で行くのがおすすめ。ビーナスラインなどドライブも楽しめます。

 

滝の湯の場所

住所: 長野県茅野市北山4028

場所は、上に書いた住所でナビゲーションシステムを設定すると行けます。滝の湯は、ビーナスラインから少し入ったところにあり、近くには蓼科湖、すぐそばには滝の湯川が流れている自然豊かな立地。

「滝の湯」3つのおすすめポイント

実際に子連れで宿泊しておもった、滝の湯のおすすめポイントを3つにしぼってご紹介します。

① 渓流露天風呂

滝の湯には、「庭園大浴場・貸切風呂・渓流露天風呂」があります。その中でも特におすすめなのが「渓流露天風呂」です。滝の湯館内から川の上を横切る通路を通り、専用のエレベーターを使って少し上ったところにあります。※すべて屋内の通路

出典: 「滝の湯」公式サイト

渓流露天風呂は、内風呂と川を眺めながら入浴できる露天風呂で構成されています。渓流露天風呂は、本当に自然の中にいることを実感しながら温泉に入ることができる素敵なお風呂です。

息子も連れていき、一緒に入りました。最初は少しおそるおそるでしたが、そのうちすっかり気に入り、いくつかに分かれた露天風呂の浴槽に何度も入っていました。頭にタオルをのせて・・・。

渓流露天風呂で「朝風呂」もいいですよ

↑↑↑ 「滝の湯」館内の渡り廊下のようなところからの眺め。「滝ノ湯川」という川を横断するように設置されています。

② 種類豊富なビュッフェ(食事)

滝の湯の館内に「エルバージュ」(HERBAGE)というビュッフェスタイルの食事をする場所があります。こちらでは、約70種類の和・洋・スイーツを提供。

利用時間は、17:30~21:00の間で90分間。※2022年6月現在

子供向けメニューも用意されていて、エプロンや子供用の椅子もあります。その場で調理したものを出してくれるメニューが豊富で出来たてを食べることができます。

和洋食の種類が豊富。2日間宿泊しましたが、すべての種類を食べるきることはできませんでした。朝食も同じ場所でビュッフェスタイルで食べることができます。

③ 蓼科キッズパーク(館内プレイゾーン)

出典: 滝の湯公式サイト

滝の湯は、「ウェルカムベビーのお宿」に認定されています。そのため、小さな子供連れでも安心して宿泊することができるでしょう。実際何組か、赤ちゃんや幼児を連れたご家族が宿泊していました。うちもそのうちの一組。

「ウェルカムベビーのお宿」とは、ミキハウス子育て総研株式会社が、同社の認定基準(全100項目中70項目以上充たせば認定)で選んだ『赤ちゃん連れが安心して利用できる施設』。

子連れで旅行をする場合、子供が利用できる施設などがホテルに併設されていれば、より充実した時間を過ごせるかもしれません。

2022年3月、「滝の湯」館内に「蓼科キッズパーク」という0歳~身長120cmまでのお子さんが楽しめる宿泊者限定の施設がオープン。1歳未満の「ベビーエリア」、知育玩具やボールプールなど1~3歳向けのエリア、4~7歳ぐらいまでが楽しめる「アスレチックエリア」があります。雨が降っても、ここなら問題ありません

蓼科キッズパークは、滝の湯館内にある有料の施設です。2歳以下は、子供無料、親は500円。3歳からは子供も500円。例えば子供が2歳で親も同伴する場合、500円です。

お父さんとお母さん両方入りたいけれど両親が2人とも入ると1,000円・・・。滝の湯のスタッフの方に聞いた情報によると、親が交互に片方ずつ入れば500円で済みます。最初の15分はお母さん、その後お父さんに交代、みたいにすれば500円でOK!

 

その他のおすすめポイント

上に書いた3つ以外にピックアップしたいエリアが滝の湯の館内にありました。

ベビールーム「しとなる処」

1時間貸切で利用できるベビールームです。授乳室、おむつ交換台もあります。予約制。

 

リラックスエリア「森の音」(もりのね)

ごろ寝したり絵本を読んだり自由なスタイルで過ごすことができる森の音」というスペースです。特に料金はかかりません。信州の森の雰囲気の空間でリラックス。雑誌や飲み物を用意してくつろいだり、パソコンを持ち込んで作業したりしてもよさそうです。

館内は無料Wi-Fiが利用できます

 

 

まとめ
  • 「滝の湯」は「ウェルカムベビーのお宿」認定で子連れ旅行でも安心のホテル。
  • 渓流露天風呂からの眺め、種類豊富なビュッフェ(食事)、子供が遊べる館内施設などが充実。
  • リラックスエリアで大人もゆったり過ごせる。ビーナスラインへのアクセスも便利。

 

機内持ち込み可能なサイズでありながら「ハードタイプかつダイヤルロックでTSAロック対応」の高級感のあるスーツケース。買いました↓↓↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA