暮らし

Plakira(プラキラ)の割れないコップを使った感想 | 耐衝撃の新素材樹脂

ガラスのコップ、ふとしたはずみで割れたり割ったりしたことはないでしょうか。

うちでは、強化ガラスでできたコップが割れました。強化ガラスって、割れるとき派手に飛び散るのでビックリします。実はそれが2回あったので、もうガラスは危ないので何か他のを探そうというきっかけになりました。

今回は、落としても割れない「トライタン」という新素材樹脂でできたPlakira(プラキラ)のコップについて、使った感想などを書いてみます。Plakira(プラキラ)は、石川県にある食卓用食器メーカーのブランド名です。

 

Plakira(プラキラ)のコップの特徴を簡単に

  • 日本製
  • 食洗機対応
  • 耐衝撃性(割れない)
  • アルコール飲料可
  • 漂白剤可
  • 熱湯100度・冷凍マイナス15度
  • 電子レンジ対応

何でもありな感じの強靭な性能です。これだけ見ても、何だか割れなさそうな予感がします。

それでは、耐熱・強化ガラスのコップが割れた経緯と、Plakira(プラキラ)のコップについて詳しく見ていきましょう。

 

 

耐熱・強化ガラスのコップが割れた

あるとき耐熱・強化ガラスのコップが割れました。使っていたのは、カフェや喫茶店、レストランなどでよく見るフランスのメーカーの有名なコップ、「デュ〇レッ〇〇・ピ〇〇ディ」です。

この耐熱・強化ガラスのコップ、使い勝手が良く手ごろなサイズ感かつシンプルなデザインが気に入り、何年か愛用していました。

私は家では洗いもの担当ですが、食器洗い乾燥機を使うこともあります。このフランス製の耐熱・強化ガラスのコップは食洗機対応だったので、入れて洗うこともありました。

ところが・・・

耐熱・強化ガラスのコップを食洗機に入れようとしたとき、食洗機内のどこか、または他の食器にあたったようでした。「ボンッ!」という感じで、そのコップは飛び散って割れてしまいました。本当に軽くあたっただけです。

爆発というと大げさですが、本当にそんな感じでパリンっていうより内部から爆発したみたいに細かくバラバラになりました。割れた破片は、食洗機の中で飛び散って散乱。その破片は、食洗機の外にも飛散していました。

破片を踏んでは大変なので、後片付けは入念に。強化ガラスの特性なのか、破片はツブツブのものが多く、中には鋭いものもありました。

実は割れたのはこれが2回目。同じ種類のコップで前にも同じような割れ方をしたことがありました。確かその時も、軽くコツンと何かにあたっただけ。

強化ガラスということで、自動車のフロントガラス並みに強靭なものだとおもっていたのですが、案外割れます。多分使い続けるうちに細かな傷が入っていたのかもしれません。

それまで軽くシンクに落としたりしたことがありましたが、全然割れませんでした。とにかく割れる兆候を見せず、あるときに軽い衝撃で突然ボンッと粉々になるのでビックリします。

念のため言っておくと、デュ〇レッ〇〇・ピ〇〇ディでもそこは強化ガラス。簡単には割れません。おそらく経年変化で割れたのかな、と考えています。

そんな経験から、そろそろこの種類のコップはやめようということになりました。ピ〇〇ディ(←商品名)の形や大きさ自体は気に入っていたので、それに近いもので割れないコップを調査。そこで見つけたのが、Plakira(プラキラ)というコップです。

 

Plakira(プラキラ)コップの特徴【性能】

  • 日本製
  • 食洗機対応
  • 耐衝撃性(割れない)
  • アルコール飲料可
  • 漂白剤可
  • 熱湯100度・冷凍マイナス15度
  • 電子レンジ対応

Plakira(プラキラ)は、石川県にあるメーカーの商品。ガラス製ではなく、アメリカのEastman社という化学メーカーの新素材樹脂「Tritan(トライタン)」が使われています。

実際に手に取ってコップ自体を力強く握っても、少したわむぐらいで割れたりする気配がありません。

ちなみに写真のコップは、模様が内側に加工してあって、その模様あたりを表から触ってもボコボコしていません。

容量は270ccです。サイズ感はよく見るデュ〇レッ〇〇・ピ〇〇ディに近いです。

 

Plakira(プラキラ)コップの特徴【その他】

上に書いた特徴は、どちらかというと性能面の話です。使っていて感じたその他の特徴も書いておきます。

  • 軽い!
  • 透明度がガラス並みに高い
  • デザインがシンプル

軽くて割れないので、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭でも安心して使えるとおもいます。トライタン樹脂は、哺乳瓶や医療用品にも使われている素材です。

透明度はこんな感じ ↓

一点、割れた耐熱・強化ガラスのコップ(デュ〇レッ〇〇・ピ〇〇ディ)の方がいいなとおもったことがあります。それは、口を付ける部分のエッジ加工。デュ〇レッ〇〇・ピ〇〇ディは、口を付ける部分が丸みを帯びていて角がありません。マイルドな口当たり。

一方、Plakira(プラキラ)の口を付ける部分は、デュ〇レッ〇〇・ピ〇〇ディと比べると若干角張っています。そのため使い始めのころは、少し口当たりが気になっていました。

でも数日後には使い慣れて、まったく気にならなくなりました。「割れない、軽い、熱に強い」などのメリットの方が断然大きかったので、良い買い物をしたというのが正直なところです。

 

Plakira(プラキラ)の特徴まとめ
  • 日本製
  • 食洗機対応
  • 耐衝撃性(割れない)
  • アルコール飲料可
  • 漂白剤可
  • 熱湯100度・冷凍マイナス15度
  • 電子レンジ対応
  • 軽い
  • 透明度がガラス並みに高い
  • デザインがシンプル

Plakira(プラキラ)のコップは、うちが求めていた「割れない」「シンプルなデザイン」「食洗機対応」というのが満たされていました。価格的にもお手頃なのもよかった点です。

以上、Plakira(プラキラ)のコップの性能や使った感想でした。

うちのは、こちらの楽天サイトで買いました。

 

少し変わった形の「ゆらぎタンブラー」。同じくPlakira(プラキラ)ブランドのトライタン素材採用。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA